美容医療・美容整形外科一覧サイト 関東Top >  東京都の施設 >  杏林大学/医学部付属病院

[スポンサード リンク]

杏林大学/医学部付属病院

 施設の名称
 杏林大学/医学部付属病院
主業務など
美容外科.整形外科.形成外科.
所在地
181-0004 東京都三鷹市新川6丁目20-2
お電話番号
0422-47-5511

【美容に関するプチ情報】

水は人間だけではなく地球上の生物にとって無くてはならいない存在ですが、デトックスをするのにおいても水は大切な存在のようです。

水には身体の中でいろいろな働きが物質を溶かしたり、栄養分を運んだり、そういった働きと有害成分を溶かし体外に排出する役目もので、良質の水分をとる事が大事な事と言えるでしょう。

水を利用したデトックスに挑戦してみましょう。

水分を取る事によって、身体に水が浸透し体内の有機物質を溶かしてしまいます。

5リットル以上が効果があると言われ、大量に飲むよりは、こまめに水分補給した方が無理のない水デトックス生活が送れると思いますよ。

水が欲しくなりますが、常温の方が身体を冷やさずに健康に出来ると思います。

体から毒素が排出されるルートは主に「腸」「尿」「汗」の三つです。

約70%が便から排泄されるて言われています。

残りは、有害物質は肝臓で解毒され、胆汁酸から便中へ排泄されて20%が排尿、5%が汗などから出てそうです。

アルコール分解能があることで一般には知られていますね。

毒素の約20%を排泄する尿と言えば腎臓です。

代謝老廃物をろ過して尿管を通して排泄します。

腎臓の働きを高めたい方は、ギャバを含む発芽玄米,ムチンを多く含むねばねば食品の山芋、オクラどを摂取すると良いでしょう。

スチームサウナ・ゲルマニウム・今話題の岩盤欲など様々な方法で発汗を作用したり、又、唐辛子・生姜やハーブをうまく料理に使ったりすると沢山汗を排出する事が出来ます。

マッサージによってもリンパ液の流れをよくすることで、効果を高めてくれます。

関連エントリー

美容医療・美容整形外科一覧サイト 関東Top >  東京都の施設 >  杏林大学/医学部付属病院